panelarrow

ネットワークをかけぬけろ

とあるエンジニアからのメッセージ

社内SEから通信フリーエンジニアへの道

企業では、社内LANを構築するケースが多くなっている。オフィス内のパソコンやサーバーをネットワークで接続し、業務効率を高めている。企業内での通信設備に対する管理を、社内SEが担当していることになる。その場合に社内SEが担当するネットワーク管理は、社内の環境のみに限られる。

しかしもっとやりがいある管理業務の仕事を目指すのであれば、独立してフリーエンジニアとしての道を行く選択肢がある。企業での安定的な職を手放すのは、確かにリスクである。しかし、社内SEとして通信設備の管理に携わるうちに、その仕事の魅力に目覚めると、今度は自身の実力を仕事で試したくなる。その向上心は、フリーのエンジニアにとって必要な資質である。向上心をもって仕事に打ち込む事は、技術者として大切にすべきことである。サラリーマン時代と比較して多少仕事の安定性については諦める部分はあったとしても、通信技術で実力を発揮できるフリーエンジニアという選択肢が選べる。

社内SEとして企業内の通信設備の構築管理を行っていた事と、一方でフリーとして仕事をすることには大きな隔たりはある。フリーエンジニアとして仕事を獲得していくためには、エンジニアとして必要な技術力や仕事を進めていくノウハウを吸収し、不足している部分を早急に補うことが求められるからだ。しかしその対応力がある人物は、フリーのネットワークエンジニアとしても十分にやっていくことができるであろう。
※フリーエンジニアになりたい?ならばこちらを・・・フリーエンジニア志望!【転職戦線募集アリ】

コメントを残す

Required fields are marked *.