panelarrow

ネットワークをかけぬけろ

とあるエンジニアからのメッセージ

国際的な通信フリーエンジニアになるという選択

通信技術の発達は、海外との交流を活発にする効果をもたらした。国境を越えて通信ができるインターネットは、世界中の人たちと交流できる機会を与えてくれる。ネット関連の仕事では、日本国内だけでなく海外との取引のチャンスもある。フリーエンジニアともなれば、仕事の選び方次第で日本を超えて世界を舞台に仕事ができる。

ただし、世界でネットワークのフリーエンジニアとして仕事をこなすには、コミュニケーションのための最低限のビジネス英語は、身につけておかなければならない。海外の技術スタッフとの打ち合わせでは、難解な英語の専門用語を頻繁に交わすことになる。

そのため、語学力に自信がなければ、海外に関わる仕事をこなすことは難しい。ネット技術に関しては世界共通である事から、あとは語学の面でハードルを越えることにより、世界を相手にしたネットワークフリーエンジニアとしての仕事ができる。通信業界での英語の専門用語についてマスターし、さらに海外でのビジネススタイルを身につける必要がある。

超えるべきハードルは大きいものの、それを乗り越えた時に得られる成果は高い価値がある。日本のネットワークエンジニアとして、通信設備の開発や整備の仕事に従事していると、通信ネットの先にある世界の舞台について、次第に憧れるようになる。ネットの向こうにある魅力的な通信技術の仕事の世界に、フリーのエンジニアとして参加するのも選択しだいである。

コメントを残す

Required fields are marked *.